滋賀県立成人病センター研究所 病理診断教育支援ウェブサイト

新着情報

病理検査を学ぶ人のために

正しい病理診断なくして、正しい治療は行えません。
しかし、正しい病理標本の作製なくしては正しい病理診断が得られないのも事実です。
臨床から提出された組織や臓器検体を、病理医とともに適切に切り出し、方向性を考えつつ処理し、顕微鏡下で病理診断が行える組織標本を作り病理医へ提供するのが病理臨床検査技師です。この病理標本作製過程は複雑で手作業が多いため、豊かな経験と適切な修練が必要となります。一方、吸引したり、擦過したり、また尿や胸水、腹水といった液状検体から細胞を集め、顕微鏡的に観察する細胞診標本を作製し、がん細胞と非がん細胞を篩い分けする業務(スクリーニング業務)を担い、病理医あるいは細胞診専門医とともにがんの診断を付けていくのが細胞検査士です。病理臨床検査技師や細胞検査士は、これらの技術をもって、医療に、そして患者に貢献したいと考えています。
また、細胞や組織を対象とした研究を行う際に観察手段として使われるのも病理組織あるいは細胞診検査法です。この手技によって、新しい発見の糸口を見つけ出すことも可能です。
 いずれの立場であれ、正しく処理され、作製された病理標本が必須です。正しい観察と診断を約束するのは、高品質の病理標本を作製し提供する病理検査技師の技術です。あなたも、美しい病理標本を作ってみませんか。このような病理検査に関わりたい、病理検査について学びたいと考えている方に、基本的知識や技術のこつを提供するのが、この『滋賀県立成人病センター 病理診断教育支援ウェブサイト』です。どうぞご利用頂きたいと存じます